FABBRICA OSAWA



TOP > プロフィール > 洋彫り石留め技術研修 > 生活編



  「VALENZAってどこ?」って思われる方が多いと思いますが
  わかりやすく言うと、ミラノとトリノの中間辺りです。

  時差はVALENZAが朝8:00(冬時間で)の場合、
  日本は夕方16:00頃です。



  住まいは食事・掃除・洗濯つきのペンションで
一か月の家賃は1.700.000リラ
そこでは
ヴァレンツァ州立・国立ジュエリー学校の
学生たちと一緒に生活していました

言葉の問題や価値観の相違など
はじめのうちはかなりストレスが溜まりました・・・

一緒に写っているのはペンションのオーナー/GUSCO夫妻



  VALENZAは日本でいう御徒町や山梨みたいに
  ジュエリーの卸・加工業者がいっぱいのジュエリーの街です


  コーヒーは1杯1.000リラと安く、非常に美味しい
  ジェラートなるものもここで知りました

  あと石窯ピザは最高!
  サイズは大きく、値段は安く、絶品でした      



ペンション内の画像
地上3階・地下1階で、1階がリビング・ダイニング・2階が各寝室とシャワールームでした

仕事を終えたらその日に注意されたことや気がついたことをメモしていました
今でもとても大切にしています

このペンションの人たちは毎日シャワーをしないようで
毎日シャワーをしていたら「なんで毎日するのか?」と言われてしまいました
それからは2〜3日に1回にしていました



  ジュエリーの街というだけあり
  大きな工具屋さんがいくつもありました


  画像はLuigi Dal Trozzo

  工具を何点か購入して日本に帰国したのですが
  「これは何に使うのか」と、どこの国か覚えてませんが
  飛行機乗り換えの際に手荷物でひっかかってしまい
  説明するのが大変でした    



  基本的には仕事は土・日休み
勤務時間は8:30〜12:00・14:30〜19:00

ランチは1日の中で1番のご馳走で
時間をかけてゆっくり食べていました

赤ワインが水のような扱いで食事に出されたので
アルコールには弱かった私はここで鍛えられ
今ではアルコールなしの生活は考えられないです(笑)