FABBRICA OSAWA



TOP > プロフィール > 洋彫り石留め技術研修


イタリア/ヴァレンツァの工房にて   1997〜98年の1年間、石留め技術研修のため
  イタリア/ヴァレンツァで生活していました

  その時の作業内容・生活を簡単にまとめてみました

  画像が不鮮明ではありますが、ご参考までに・・・
  (当時はデジカメは普及していなかったので)



 ■ イタリア/ヴァレンツァでの生活編はこちら





作業編
BIGLIA GIUSEPPE氏の工房
  当時勤めていた会社から
  イタリア/ヴァレンツァ BIGLIA GIUSEPPE社で
  洋彫り石留め研修をさせていただく機会をいただきました


  イタリア語は日本で半年間勉強したのですが
  はじめはまともに喋れる状態ではなく
  こんなことで1年間大丈夫なのだろうか〜と
  正直大変不安でした・・・  






  画像右側がオーナーのBIGLIA GIUSEPPE氏
  
ヴァレンツァ州立ジュエリー学校の教授をされていた方です

  洋彫りはタガネや爪の作り方が和彫りとは違うため
  最初はわからないことばかりでしたが
  彼は仕事を大変丁寧に教えて下さいました
  右/BIGLIA GIUSEPPE氏






 きちんとした仕事ができるようになるまでは
  ・タガネ作り
  ・直線彫り
  ・曲線彫り
  ・石を留めるための爪作り
 以上の練習を2ヶ月間、毎日しました
 (練習用手板/洋白板)







 2ヶ月の練習を終えて「やってみろ」と渡された初めての仕事
 とても緊張したものです・・・

 (リング/K18・ダイヤモンド)






石留めする時はしっかりとヤニ棒に固定します
日本の彫りとは違い、洋彫りはかなり握力を使います
(イヤリング/Pt900・K18)







 キャスト上がりリングの
 湯道処理・ペーパー仕上げをしてから
 ダイヤモンドメレーを彫り留め。
 画像のリングは量産品だったので
 50本近く留めました

 (リング/K18WG・ダイヤモンド)








最初は決められた幅をキレイに彫るのが大変でしたが仕事の数をこなすうちに次第に手も慣れ
問題なく仕事ができるようになりました

(左から トップ/K18WG・DIA ピアス/K18・K18WG・DIA イヤリング/K18WG・DIA ピアス/K18WG・DIA)







 彫る部分を残して
 リング全体をヤニ棒にしっかり固定したら
 まわりの地金を彫りくずして飾りや爪を形成

 (リング/K18WG)






 上のリングの中石枠がフクリンのタイプ 
 ダイヤメレーを留めたところ 
(リング/K18WG・ダイヤモンド) 







 
フクリン留め・レール留めは
 彫りで使用するタガネを使うため
 まずは難しい彫り留めをマスターしてから・・・
 という理由で
 1年のほとんどを彫り留めに費やしました
 (リング/K18WG・ダイヤモンド)








そのかいあって、フクリン留め・レール留め、そしてヴァレンツァで一番やりたかったパヴェも
習得することができました!

(左から リング/K18・K18WG・DIA ネックレス/K18・K18WG・DIA リング/K18WG・DIA リング/K18WG・DIA)








 パヴェ留め
 教わってから初めてやったパヴェの商品
 (リング/K18WG・ダイヤモンド) 

 ■ パヴェセッティングの工程はこちら






 上のパヴェリングとのセットジュエリー
 画像左は彫り終えてヤニから出した状態
(ピアス/K18WG・ダイヤモンド)








 3点は同じ原型のピアス
 下穴の開け方・メレーの数・彫り方で
 幾通りものデザインの商品に・・・
 (ピアス/K18WG・ダイヤモンド)








 パヴェ留め
 メレーのテーブル面の向きに気をつけて
 膨らみをキレイに出すのが大変でした

(ピアス/K18WG・K18・ダイヤモンド)








パヴェ留め
左のドルフィンリングの中石(エメラルド)はフクリン留め
ハートをモチーフにした商品が多かった気がします
(左から リング/K18・K18WG・エメ・DIA トップ/K18・K18WG・DIA リング/K18WG・DIA ピアス/K18WG・DIA)






 パヴェ留め
 (左:リング゙/K18・K18WG・ダイヤモンド)
 (右:リング゙/K18WG・ダイヤモンド)



(左:リング/K18・K18WG・ピンクG・DIA 中:ピンキーリング/K18WG・DIA 右:ピアス/K18・K18WG・DIA)








ラインには
ローレットによるミル打ちを施しています
右リングの中石はプンタータ留め
(左右ともに リング/K18WG・ダイヤモンド)








彫る長さが長かったのが大変でした

ラインにはローレットによるミル打ちを施しています
中石はフクリン留め
(ブローチ/K18WG・ルビー・ダイヤモンド)







 二重の円の彫りが難しかったです
 ラインにはミル打ちを施しています
 中石はプンタータ留め
 (リング/K18WG・ダイヤモンド)






 曲線が多いデザインなので苦労しました
 ラインにはミル打ちを施しています
 中石はプンタータ留
(リング/K18WG・ダイヤモンド)








真ん中リングの中石はオーバルカット
ラインにはローレットによるミル打ちを施しています
(3点とも リング/K18WG・ダイヤモンド)




イタリア/ヴァレンツァでの生活編はこちら
洋彫り石留コースはこちら